飲む日焼け止め ランキング

飲む日焼け止めランキングと選び方

水着のカップル

ここ最近では飲む日焼け止めの認知度も高くなってきており、国産の飲む日焼け止めサプリメントの数も多くなってきています。これから初めて飲む日焼け止めを試してみたいという方は、とりあえず安いもので試してみたいという方も多いのではないでしょうか?

 

商品によっては定期便として何回かの継続購入を条件に、初回を安く提供しているものもあります。そのあたりの条件を知らずに買ってしまうと、こんなはずじゃなかった!と後悔することになってしまいますので、単品購入が可能かどうかも記載しています。また、定期購入で続けたい方には、特にお得に購入できる商品も記載していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

飲む日焼け止めおすすめランキング ※価格別

 

本サイトにおけるランキングは、これから初めて飲む日焼け止めを試してみたい!方に向けて、まずはお試しとしてお得に購入できる商品順にランキングを作成しています。また、商品によっては「○回の継続購入」を条件に初回を安く提供している商品もありますので、その場合は継続購入で発生する金額の合計を記載していますので、ご注意ください。※金額が同じ場合は日焼け止め成分の比較で高い効果が期待できる製品を上位としています。

 

セラミドファイン

セラミドファインの特徴

  • パイナップルセラミド
  • フィトール
  • ヒアルロン酸
  • ポリフェノール
  • マルチビタミン11種類
肌の内部からの紫外線対策にはうってつけのサプリメントですね。特にセラミドファインはセラミドによる紫外線の肌の内部への侵入を防止するので、紫外線の浴びすぎによるシミやシワの発生を防いでくれるのです。価格も安めなので、初めて試してみたいという方にはおすすめのサプリメントです。

価格 1,980円
評価 評価4
備考 継続縛りなし(継続の場合、2回目以降¥4,410)
セラミドファインの総評

基本的に飲む日焼け止めは飲み続けることで、紫外線による肌ダメージを修復する。また、それにより将来の肌トラブル、特にシミやシワなどの肌老化を防ぐことが目的なのです。セラミドファインは肌の内部から紫外線による光老化を抑制し美肌を保つ役割が期待できるサプリメントとなりますので、若い方には今すぐにでも始めることを強くおすすめします。

やかないサプリ

やかないサプリの特徴

  • セラミド(パイナップル) : UV-Bや刺激、乾燥から守る
  • フィトール(パイナップル) : メラニンを抑え白く保つ
  • カロテン(ヤシの実) : UV-Bや刺激、乾燥から守る
  • カルノシン酸(ローズマリー) : UV-Aから肌を守り、炎症を和らげる
主に紫外線のバリアとなるセラミドカロテンといったもともと肌に含まれる成分に着目した紫外線サプリです。

価格 2,760円
評価 評価4
備考 継続縛りなし、WEB限定価格、送料無料
やかないサプリの総評

日焼しにくい肌を作るというアプローチから、紫外線の強い季節でも肌を白く保つことをサポートするサプリメント。うっかり飲み忘れて日焼けをしてしまった!という場合でも、後から飲んでも効果を発揮することが期待できます。日焼け後に飲んだ場合は、日焼けからの回復を早めることで、紫外線のダメージを最小限に抑えます。

雪肌ドロップ

雪肌ドロップの特徴

  • ニュートロックスサン
  • コラーゲン
  • ビタミンC誘導体
  • 植物プラセンタ
  • 混合ハーブエキス
海外の飲む日焼け止めでも多く使われているニュートロックスサン配合の飲む日焼け止め。コラーゲンやビタミンC誘導体など肌に嬉しい成分も配合されていて、日焼け止め効果と同時に美肌効果も期待できる万能サプリメントです。購入に際しても、継続購入縛りもなくお得なので、まずはお試しで購入したい方にオススメの飲む日焼け止めです。

価格 3,980円
評価 評価5
備考 継続縛りなし(継続の場合、2回目以降¥6,480)
雪肌ドロップの総評

雪肌ドロップは品質管理もしっかりされていて安全性の高い国産の飲む日焼け止め。製造されている工場もGMPという国内最高レベルの品質管理のもと生産されているので、サプリメントなど口にするものの安全性が気になる方にもおすすめです。

美百花

ニュートロックスサン

美百花の特徴

  • ニュートロックスサン
  • クロセチン
  • ルテイン
  • ザクロエキス
  • リコピン
ニュートロックスサン高配合で体の中からばっちり紫外線対策ができる飲む日焼け止め。日焼け防止だけでなく、日焼けによる肌荒れ、ニキビ予防効果も期待できます。また、美百花にはニュートロックスサンが250mgと日焼け防止効果を発揮できる推奨量がしっかり配合されているんです。実はニュートロックスサンはわずかでも入っていれば、ニュートロックスサン配合と記載できてしまいます。ニュートロックスサン推奨量が入っていないと使用できないトレードマークが目印です。

価格 4,980円
評価 評価3.5
備考 継続縛りなし(継続の場合、2回目以降¥4,980)

マスターホワイト

マスターホワイトの特徴

  • プロテオグリカン : 高い保水性、炎症抑制作用で紫外線ダメージを守る
  • アスタキサンチン : 強い抗酸化作用、抗炎症作用で肌老化を防ぐ
  • セラミド : UV-Bや刺激、乾燥から守る
  • ビタミンE、B2、B6 : 抗酸化作用、肌の回復力を高める
エイジングケア成分と美容成分のみで構成され、肌の美しさを内側から生み出しながら、紫外線による肌のダメージを蓄積させない美容化の高いサプリメント。

価格 6,480円
評価 評価5
備考 継続縛りなし、送料無料
マスターホワイトの総評

プロテオグリカンやアスタキサンチンなど高級な美容成分が配合されていて、日焼け止め効果だけでなく、美白、アンチエイジング、美容、健康に気を使う女性に嬉しいサプリメントです。また参考ですが、飲んで3日目くらいには肌のトーンが明るくなったり、毛穴が目立ちにくくなった肌のツヤ、キメが良くなったなどの効果を感じる人が多く、高額なだけあり効果も高い商品だと感じています。

ポルク

ポルクの特徴

  • ニュートロックスサン
  • シトラス果実
  • ローズマリー葉エキス
  • 混合ハーブエキス
海外の飲む日焼け止めサプリにも多く含まれているニュートロックスサン配合で、高い日焼け止め効果が期待できます。美容成分等を合わせて配合しているサプリメントとは異なり、日焼け止め効果に高い効果を期待できるニュートロックスサンが多く配合され、日焼け止めをメインに考える人におすすめのサプリメント。

価格 6,980円
評価 評価5
備考 継続縛りなし(継続の場合、2回目以降¥6,980)送料無料
ポルクの総評

本サイトでご紹介している日焼け止めサプリメントの中でも特に高い日焼け止め効果が期待できるサプリメント。また、当サイトでは唯一の海外製の日焼け止めサプリメントとなりますが、もともと日焼け止めサプリメントは海外で開発されて日焼け止めの定番となった商品ですので、その効果は日本製よりも高い効果が期待できます。今まで塗る日焼け止めでは効果がなかったという方には一度お試しいただくことをおすすめします。

インナーパラソル16200

インナーパラソル16200の特徴

  • ニュートロックスサン(7500mg)
  • パインセラ(900mg)
  • コプリーノ(1500mg)
  • ビタミンC(3000mg)
  • ビタミンP(3300mg)
ニュートロックスサンの配合量が7500mgと他社の飲む日焼け止めサプリメントと比較しても圧倒的に多い配合量で高い効果が期待できます。一般的には250mg配合していれば、ニュートロックスサン高配合の証となる日傘サプリマークが記載できますが、その量をはるかに超えた量のニュートロックスサンが配合されています。また、2017年のモンドセレクションでは金賞を受賞しており、信頼性のある飲む日焼け止めサプリメントです。

価格 7,000円
評価 評価0.5
備考 定期購入で初回\990(3回以上の継続購入が条件)
インナーパラソル16200の総評

上述の通り、日焼け止め成分である、ニュートロックスサンの配合量は申し分のない飲む日焼け止めサプリメント。それ以外にも、他社の飲む日焼け止めサプリメントには見られない、ビタミンP(ビタミンCの働きをサポートする成分)、コプリーノ(アンチエイジング効果が期待できる栽培が非常に難しい貴重なキノコ)など、美容に嬉しい成分も配合されています。ニュートロックスサンによる日焼け止め効果を実感したい方にオススメの飲む日焼け止めサプリメントです。


飲む日焼け止めサプリメントの効果とは

紫外線対策というと帽子や日傘で直接日光が当たらないようにするケアや、日焼け止めクリームを塗って肌を焼かないよう保護するというイメージが強いと思います。もちろんそれらのUVケアは日焼け止め対策として有効なのですが、ケア方法の別アプローチとして飲む日焼け止めサプリメントという選択があることをご存知でしょうか。

 

といっても、何かを飲むことで日焼け止めになるという感覚がピンとこない人も多いと思います。しかし、日焼けのメカニズムを知ると、飲む日焼け止めサプリメントという選択が有効という意味がわかると思います。

 

日焼けのメカニズム

私たちは日差し、つまり紫外線を浴びると肌が赤くなり時には痛みを覚え、そののちに肌の色がワントーン濃くなります。これが日焼けです。紫外線は実は一つではなく、A波、B波、C波と3つに分けられ、それぞれ波長の長さによって区分されます。

 

最も波長が長いA波B波は地球上に届きますが、C波はオゾン層で遮断されるので地上にいる私たちの元へ届くことは今のところありません。そして、いわゆる肌がヒリヒリする日焼けを起こすのは主にB波の働きによるため、市販の日焼け止めクリームはB波をいかにカットできるかという観点から作られています。

 

この紫外線の種類(A波、B波、C波)の体に与える影響については後述の通りです。

 

私たちの皮膚にはメラノサイトという物質があるのですが、紫外線を浴びることでメラノサイトの働きによりチロシナーゼ活性酵素が生成され、それがチロシンという成分と結合することでメラニンが生成されます。メラニンは聞いたことがある人も多いと思いますが、肌を黒くする成分で、肌を黒くするので悪者に思われがちですが、肌を紫外線から守るために黒くする働きがあるのです。

 

ちなみにメラニン色素は紫外線を浴びると時間をかけながら増殖していき、徐々に肌表面に上がってきます。紫外線を浴びてから黒くなるまでに日数がかかるのはこのためです。日焼けをすると肌はダメージを受けた状態となります。紫外線を受けることで肌には活性酸素が発生し、活性酸素は細胞を錆びつかせるため日焼けをした後の肌はシミシワなどの肌トラブルが起きます。そのため、昨今では過度な日焼けは肌トラブルの元として避けられる傾向にあります。

 

飲む日焼け止めサプリメントのメカニズム

日焼けのシステムが分かったところでサプリメントの効果の話にうつりますが、飲む日焼け止めサプリメントで多く使われているのがメラノサイトの働きを抑える作用のある成分です。つまり、紫外線を浴びてもメラノサイトが活性化しなければメラニンの生成を抑えることができるのです。その成分とは、システイングルタチオン(システインペプチド)グラブリジンなどがそのような働きがあります。

 

また、日焼け後にシミを作りづらくする成分も多く配合されており、それらはエラグ酸ビタミンEなどです。エラグ酸はザクロに多く含まれるポリフェノールの一種で、ポリフェノールの強い抗酸化作用によりメラニン生成を抑える効果もあると言われています。

 

ビタミンEもまた高い抗酸化作用のあるビタミンとして知られており、別名「若返りのビタミン」とも言われています。美白効果のあるビタミンCと共に摂取することで相乗効果が生まれることから、ビタミンCとセットで配合されることが多い成分です。

 

そして、ビタミンCを始め美白効果の高い成分も飲む日焼け止めサプリメントには積極的に配合されます。紫外線によるダメージを受けた肌の補修やメラニン色素の定着を防ぐ作用のあるプラセンタも有効とされています。

 

このように、飲む日焼け止めサプリメントは紫外線を浴びることで増えるメラニンの生成を抑えることで日焼けをしづらい環境にする作用と共に、日焼けしてしまった肌のその後のダメージを軽減する成分、また美白作用でケアをするという3つの観点から作られているケア商品なのです。

 

紫外線が体に与える影響とは

生きているうちはどこにても少なからず紫外線を浴びています。良いか悪いか、紫外線がどんな影響を体に及ぼしているのかを少なからず知る必要があります。紫外線には・・・

  1. A波(UVA)
  2. 肌の最深部にまで届き老化の原因となる活性酸素を作り出しだしそれがシワやたるみになります。

  3. B波(UVB)
  4. 肌外部に赤い炎症を起こしメラニン色素を作り出してシミやそばかすの原因になります。さらにB波を浴びた眼は角膜から脳に伝達され体の防衛反応でメラニン色素を形成してしまい肌老化が進んでしまいますし、角膜炎症や白内障を引き起こす可能性もあります。

  5. C波(UVC)
  6. A波B波よりも悪影響なのが皮膚がんの原因となるC波(UVB)です。

という3つの光線から成り立っておりそれぞれに肌への影響が違います。

 

従来、C波(UVC)はオゾン層によって地上にまで届く心配がないとされていましたが、近年ではオゾン層破壊によって地上に届いてしまわないかと心配されています。まだ認知度は低いですが、紫外線アレルギーといって紫外線を浴びることによって湿疹やかぶれが肌に出てきてしまう病気もあります。紫外線にも好影響はありビタミンDの生成や新陳代謝の促進効果がみられます。ただし人が一日に紫外線を直に浴びていいのは20分程度です。それ以上は悪影響ですのでお勧めしません。

 

紫外線が強い曇りの日の紫外線対策

太陽からの紫外線を浴びる女性

曇りの日よりも晴れている日の方が断然紫外線は強いです!紫外線にはしわ、たるみの原因となるUVAとシミ、くすみの原因となるUVBが含まれています。太陽から降り注ぐ直射日光を遮るものがない限り、紫外線は肌へダメージを与えます。

 

だからと言って曇りの日は紫外線量が少ないというわけではないので、しっかりとした紫外線対策が必要になります。曇りの日でもUVAは雲を突き抜けて地上まで届くので、晴れていても曇っていてもUVAの量はそんなに変わりません。

 

ちなみに雨が降っている日でも少量ながら紫外線は地上に届いています。なので曇りの日や雨の日に紫外線対策に手を抜くとシワやたるみが増えてしまいます。肌の老化を防ぐためにも日焼け止めアイテムは365日必要なんです。日焼け止めクリームの選び方はUVAを防ぐPA+が高いものをお勧めします。

 

PA+が高ければ高いほどUVAを防御する力が強いです。曇っている日に室内にいても紫外線は窓ガラスを通り抜けて届くので、どこにいても紫外線対策を怠らないようにしましょう!

 

室内の紫外線対策

部屋のベッドで横たわる女性

紫外線を浴びるのは屋外だけではありません!屋内にいても紫外線は入ってきて肌に悪影響を及ぼしています。紫外線の種類、UVAは雲を突き抜けて窓ガラス、カーテンも突き抜けます。さらに、窓ガラスから入ってくる紫外線はフローリング床などに反射して室内に拡散します。

 

窓に近い場所だと80%の紫外線を浴びていて紫外線量は屋外とそこまで変わらないです。そうなると家の中にいても紫外線UVAによって肌のしわたるみが出来てしまいます。どこにいてもやはり紫外線対策は必要です。

 

効果的な紫外線対策は屋内にいても飲む日焼け止めや日焼け止めローション等で対策を行うことが必要です。屋内で日焼け止めローションは塗りたくないという方には飲む日焼け止めがオススメです。紫外線対策に加えて美肌効果に期待できる飲む日焼け止めも多く販売されていますので、うまく活用していきましょう。

 

日焼け止めローションを使う際は、屋外で使う日焼け止めクリームよりSPFが低いものを選んで肌への負担を減らしましょう。紫外線99%カットしてくれるカーテン、窓に貼る紫外線カットシートなども効果的です。部屋の中が暗くなってしまうのが嫌な方はミラーレースカーテンのような紫外線をカットしつつ部屋を明るく保ってくれるアイテムも登場しているのでチェックしてみてはいかがでしょうか。さっそく屋内の紫外線対策を始めましょう!

飲む日焼け止めはこんな人にもおすすめ

飲む日焼け止めは肌に塗らない日焼け止め対策ができるので、下記のような悩みやトラブルを抱えていた方にはとってもおすすめです。

  • 日焼け止めクリーム・ローションで肌荒れを引き起こしてしまう
  • 汗で化粧と一緒に流れ落ちてしまう
  • 塗り忘れなどでうっかり日焼けをしてしまう
  • 外出先での塗り直しが面倒くさい
  • 日焼け止めクリーム・ローションを塗っても日焼けをしてしまう
  • 顔に塗った時に白浮きしてしまう

 

敏感肌の方におすすめの飲む日焼け止め

日焼け止めで肌荒れしている女性

敏感肌の方にとって紫外線は大敵です。紫外線を浴びた後は火傷をした様に肌が赤みを帯びてしまいます。塗る日焼けも成分によっては塗ってすぐに赤みが帯びてしまったりSPFが高いものだと肌が乾燥してしまいピリピリと痛かったりと塗るのも嫌になってします。

 

しかし紫外線対策をしなければ肌老化による肌トラブルを引き起こしてしまいます。そんな敏感肌の方におすすめなのが、飲む日焼け止めです。お出掛け30分前に1カプセル服用して約4〜5時間の間は紫外線をブロックしてくれます。

 

さらに敏感肌の方は飲む日焼け止めと低刺激の塗る日焼け止めクリーム、もしくは最近人気のオーガニックの塗る日焼け止めを併用して使用すれば、真夏の紫外線で肌が赤く焼ける事もなく安心して外出できますし、肌内部からも紫外線を防御しシミ、くすみの原因を解消してくれます。

 

アトピーをお持ちの方にもおすすめ

アトピーを持っている女性

アトピー性皮膚炎の方にとって、紫外線はアトピーを悪化させてしまう原因の一つとなってしまいます。そのため、界面活性剤添加物等が多く含まれる日焼け止めを使用する事ができないアトピー持ちの方にも、この飲む日焼け止めをおすすめします。

 

アトピーをお持ちの方がしUV対策をする際に重要なことは、肌に刺激を与える成分ができるだけ少ないもの、もしくは含まれていないものを選ぶことが重要です。飲む日焼け止めであれば肌に直接塗る必要がなく、体の内側から対策ができるため、肌へ刺激を与えることなくUVケアが可能となるのです。

 

オゾン層の減少、地球の温暖化によって紫外線は年々強くなっていますし、歳を重ねるごとに肌のバリアも弱っていきます。早めの飲む日焼け止め対策を試してみてはいかがでしょうか?

飲む日焼け止めを飲んだほうが良い意外な理由

目は肌よりも紫外線を吸収している!?

肌ばかりに気を使っている紫外線対策ですが、目に入ってくる紫外線の量は肌の3倍もあるって知っていましたか?目には元から紫外線を防御する機能が備わっていますが、強い日差しや長時間の屋外活動で目はダメージを受けてしまいます。

 

紫外線が目に及ぼすダメージは白内障、角膜炎など深刻なものです。紫外線は眼病だけでなく、しみ、くすみの原因を目から入って作り出す働きもします。紫外線が脳に指示を出し、皮膚が防衛反応でメラニン色素を増やしてしまいます。夏の時期は特に日差しが強いので目の紫外線対策は重要です。

 

身近な対策はUVカット加工の眼鏡やサングランスを着用して外出する事です。紫外線を浴びてしまった目のアフターケアにはUVケア用の目薬の使用をお勧めします。また、つばの大きい麦わら帽子や深く被れる帽子も紫外線が直接目に入ることを防いでくれること、頭皮や髪の日焼け、熱中症対策を兼ねる事できるのでお勧めです。外出の際は肌ばかりの紫外線対策でなく忘れがちな部分もしっかり紫外線対策をしていきましょう。

 

日焼けをしてしまった後におすすめのアフターケア

日焼け止めをしっかり塗ったのにひどい日焼けをしてしまったらすぐにアフターケアをしましょう!日焼けをした肌は火傷状態です。アフターケアをするかしないかで後の肌の状態が変わってくるのでとても重要です。まず、赤く炎症を起こしている部分に氷水をタオルに巻いてあてましょう。

 

もしくは冷たいシャワーで冷やしても大丈夫です。同時にたくさんお水を飲んで体の熱を冷やしましょう!日焼けのケアで重要なのは炎症をどれだけ抑えることができるかです。肌の炎症が落ち着いたら低刺激の化粧水を優しく塗ってあげましょう。炎症が収まっていないのに化粧水を塗るとかゆみが酷くなるので注意が必要です。

 

もし痛みがひどい場合はワセリンや炎症を抑える、肌の修復効果あるアロエクリームなど軟膏を塗ると痛みが和らぎます。食事もトマトやアボカド、バナナなど紫外線でダメージを受けた肌を再生してくれるものを食べましょう。肌が段々落ち着いてきたら、ビタミンC誘導体などの美白効果があるコスメを使用すれば肌はまた白くなります!

 

ちなみに、当サイトでおすすめしている飲む日焼け止めには、日焼けをした後に飲んでも肌老化やダメージを軽減させるものもありますので、飲む日焼け止めでのアフターケアは本当にオススメです。特に日差しの強い夏以外の季節では、あまり紫外線対策を行わずに外出してしまう方も多いと思いますが、そんなときには飲む日焼け止めでの紫外線対策をしてみてはいかがでしょうか。

 

敏感肌で日焼け止めを塗ると肌トラブルを引き起こしてしまうという方に

紫外線が強い夏場などは、肌をさらしていると、紫外線によるダメージを受けてしまいます。紫外線対策をしていないと、肌荒れやシミやシワができる原因にもなるでしょう。また、頭皮でも紫外線のダメージを受けると抜け毛なども増えてしまうため、紫外線対策は怠らないようにしましょう。

 

日焼け止めは刺激の少ないSPF低めの商品を

日焼け止めを使うことで、紫外線をある程度防ぐことができます。そのため、普通の肌質の場合には、日焼け止めで紫外線対策をするのもいいでしょう。しかし、肌が比較的弱い敏感肌の場合には、日焼け止めを塗ってしまうことで、肌に対しての刺激が強すぎる場合があり、肌荒れの原因になることもあります。敏感肌の場合には、できるだけ刺激の少ないSPF値の低い日焼け止めやオーガニックの日焼け止めクリームを選ぶようにするといいでしょう。

 

日焼け止めグッズでの紫外線対策も

また、日焼け止め以外にも、日傘や帽子、できるだけ肌をさらさないように、薄手の長袖などを着ることで対策をするのもいいでしょう。紫外線が強い時間帯には、できるだけ日差しを避け、夕方以降に外出したり時間帯なども意識しながら行動をすることで、紫外線対策になります。

 

運動不足は肌の大敵

また、紫外線をあまり気にしすぎて外に出ないでいると運動不足にもなり、体調不良などを起こしてしまうこともあります。そのようなことにならないためにも、適度に運動をすることも大切です。紫外線があまり強くない時間帯などを選び、早朝や夕方などに、ウォーキングや軽いランニングをして代謝機能を適度に高めるようにすることも大切です。肌の新陳代謝を促すことも肌をきれいに保つには大切なことなので、生活習慣が乱れている場合には、できるだけ改善していきましょう。

 

食生活の乱れも肌に悪影響が

また、食生活の乱れにより、肌に必要な栄養が不足してしまうことも肌荒れ・肌の乾燥などの肌トラブルを招きます。敏感肌の場合には、特に肌に栄養が不足しないように、日々の食生活ではバランスのよい食事を心がけることも大切なことです。また、肌ケアをする際の化粧品なども日焼け止め同様に、低刺激の自分の肌質にあった化粧品を使い、きちんと肌ケアをして保湿をしましょう。

飲む日焼け止めの効果と持続性

どうしても日焼けをしたくないという時は、肌に塗るタイプの日焼け止めだけでなく、飲む日焼け止めサプリメントを使う方法があります。ただ気になるのが、日焼け止めサプリメントの効果と持続性です。日焼け止めサプリメントはどれほど効果があって、どのくらい持続性があるのでしょうか。

 

まず、日焼け止めサプリメントの効果からご紹介しましょう。飲むタイプの日焼け止めは、大きく分けて2つの種類があります。それは、どのような有効成分が含まれているかによって分類されます。まず1つは、原料がシダ植物のフェーンブロックが入っているタイプです。そしてもう1つは、原料がローズマリーと柑橘類のエキスであるニュートロックスサンが含まれているタイプです。フェーンブロックの効果ですが、皮膚の紫外線ダメージの抵抗力を高め、皮膚が老化をしたり、色素沈着を引き起こすことを予防します。ニュートロックスサンは、肌の損傷を防ぐことができ、皮膚本来がもっている日焼けのメカニズムに影響を及ぼすことはありません。フェーンブロックもニュートロックスサンも、どちらのタイプのものも、色が黒くなることよりも、肌が傷つくことを防止することに重きをおいています。肌が黒くなりたくないという方は、塗るタイプの日焼け止めと併用をした方が効果が高まります。日焼け止めサプリメントのフェーンブロックとニュートロックスサンの成分ですが、どちらも植物由来のため天然成分なのですが、アレルギーを起こす方もいらっしゃいます。花粉や食べ物などでかゆみなどの症状が出てしまうアレルギー体質の方は特に、アレルギー症状が出る可能性があることを頭において服用をするようにしましょう。

 

飲む日焼け止めを購入するときには、商品に有効成分のフェーンブロックやニュートロックスサンが、何mg配合されているかどうかを確認しましょう。ニュートロックスサンの公式サイトでは、1日に250r飲むことで十分効くと書かれています。また、フェーンブロックは、240〜480r飲むことで十分だということです。サプリメントによっては、有効成分の記載がないものもあり、注意をして購入することが大切です。また、美肌効果のある成分が併せて入っているタイプのサプリメントも多く販売されています。肌のシワやシミを防ぐことができるリコピンや、紫外線を浴びないことで不足しがちになるビタミンDが配合されているサプリメントがおすすめです。

 

では、飲む日焼け止めサプリメントの持続性についてはどうでしょうか。飲む日焼け止めは、様々な企業から何種類も販売されているのですが、種類によってどのくらい持続するのかが異なります。日本の美容クリニックドクターが監修しているA社の商品は、日焼けをしそうなときに飲むもので、2時間ごとに1錠必要です。2時間以上紫外線を浴びる時には、もう1粒飲んで対処します。また、フェーンブロックの成分やクロセチンなどが配合されているB社の飲む日焼け止め商品は、朝に2〜5粒飲むことによって、1日中持続します。どのくらい紫外線を浴びるのか時間が定まっていない場合は、1日中効くタイプの商品を選ぶと便利です。また、日焼けをしたくない日の一週間前から服用をするタイプのC社の商品もあります。この商品は、フェーンブロックの成分以外に、セラミドやカロテンなどが配合されており、飲み始めてから7日間で効きはじめます。飲む日焼け止めは、様々な種類があるため、目的に合わせた商品を選ぶことが大切です。また、購入時にはフェーンブロックやニュートロックスサンの有効成分が配合されているかどうかを確認し、塗るタイプの日焼け止めと併用することで、日焼けをしにくくなります。

中古パソコン パソコン PVランキング Access Up Avenue 相互リンク募集中 車の乗り換え相談所 簡単リンク集Seo-P-link